超傑作!邦画ベスト映画はこれだ!!2019映画「一夜」【シネマッツン】

超傑作!邦画ベスト映画はこれだ!!2019映画「一夜」【シネマッツン】

映画【一夜】について語ってます

シネマッツンです( ´∀`)

ぼくのなかですが邦画2019ナンバーワン映画がきました!

【凶悪】の白石監督、素晴らしきです

良かったら気軽にコメントお待ちしてます

映画【ひとよ】2019年製作/123分/PG12/日本
配給:日活
劇場公開日 2019年11月8日
女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、「孤狼の血」の白石和彌監督のメガホンで映画化。タクシー会社を営む稲村家の母こはるが、愛した夫を殺害した。最愛の3人の子どもたちの幸せのためと信じての犯行だった。こはるは子どもたちに15年後の再会を誓い、家を去った。運命を大きく狂わされた次男・雄二、長男・大樹、長女・園子、残された3人の兄妹は、事件のあったあの晩から、心に抱えた傷を隠しながら人生を歩んでいた。そして15年の月日が流れ、3人のもとに母こはるが帰ってきた。次男役を佐藤、長男役を鈴木、長女役を松岡、母親役を田中がそれぞれ演じるほか、佐々木蔵之介、音尾琢真、筒井真理子らが脇を固める。(映画.com引用:https://eiga.com/movie/91031/)

監督:白石和彌
原作:桑原裕子
脚本:高橋泉
製作総指揮:佐藤直樹
製作:新井重人、千葉伸大、加太孝明、宮崎伸夫、瓶子吉久、渡辺章仁、永田勝美、豊田勝彦、有馬一昭
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝、安藤親広
プロデューサー:高橋信一、長谷川晴彦、安田邦弘
アソシエイトプロデューサー:関根健晴、飯田雅裕
撮影:鍋島淳裕
照明:かげつよし
録音:浦田和治
美術:今村力
装飾:多田明日香
衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:有路涼子、石田伸
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、NEGUMI、大悟、佐々木蔵之介、田中裕子

映画『ひとよ』オフィシャルサイト
https://www.hitoyo-movie.jp/

映画【ひとよ】予告 11月8日(金)全国公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【シネマッツンおすすめ動画】

https://www.youtube.com/playlist?list…
最新作の監督×主演×ゾンビ映画【ONE】
完成までを追え!セルフドキュメンタリー

うんこが主役!?泣ける社会派お伽話
【茶色い涙】

即興パフォーマンス動画少しだけ披露!【即興シネマ】

マッツン初監督作品【太陽が沈んだ日】
引きこもりの男の子の頭のなかを舞台にしたスリラー映画です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://ameblo.jp/matsun-talent/
シネマッツン公式ブログ
「ザッツ映画ライフ!マッツンは飛んでゆく」

https://www.facebook.com/inu.matsun
マッツンフェイスブック


マッツンツイッターはこちら

【マッツンプロフィール】

元芸人であり日本で最大の即興芝居団体インプロジャパン出身の即興パフォーマー
ソロとしてのパフォーマンス活動経て2015年、映画監督としても活動開始

初監督作品「太陽が沈んだ日」が映画祭で好評を得て

2016年、千葉テレビドラマ「シナリオライター」
にて地上波演出家としてもデビュー

2018年より映画館を活動拠点とし動き始め表現を【映画】に統一
シネマパフォーマーと肩書きを変え現在演者、演出家として幅広く活動中

【受賞歴】

映画『太陽が沈んだ日』(脚本監督)山岸謙太郎賞

映画『ホームダウン』(原案撮影監督)
おかしな監督映画祭にて準グランプリ
ドイツハンブルグ日本映画祭正式参加作品

映画『繭子と闇の赤い手紙』(撮影編集監督)
ロサンゼルス映画祭特別賞
o!ido短編映画祭anotherside特別賞

映画『茶色い涙』(脚本撮影編集監督)
うんこ映画祭審査員特別賞&主演女優賞、おきあがりこぼし芸術祭観客賞

【イベント】

即興芝居と映画のコラボ
『即興シネマ』毎月第二金開催

【ラジオ】
自由が丘FM
『シネマッツンの今日もシネマでNIGHT!』

#一夜

#邦画ベスト

#白石和彌

#佐藤健

#映画レビュー

#シネマッツン

#牧師

#白石監督

邦画 予告カテゴリの最新記事