血の滲んだ鍵盤が奏でる圧巻の演奏シーン/映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』本編映像

血の滲んだ鍵盤が奏でる圧巻の演奏シーン/映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』本編映像

バッハに愛されたピアニストが失った両手ー不屈の実話が完全映画化『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』は2020年9月11日より公開。この度、ジョアン本人の音源を使用した演奏シーンが解禁!

“20世紀最高のバッハの演奏家”と称される本作の主人公ジョアン・カルロス・マルティンス。リオパラリンピックの開会式で行われた彼の国歌演奏の模様は日本でも話題となり、ハンディキャップを持った両手で奏でられた美しい旋律は世界中の人々を虜にした。

当初クリント・イーストウッドが映像化を切望したジョアンの物語であったが、プロデューサーのブルーノ・レザビシャスの直談判による熱い想いがジョアン本人の心を動かし本作の映像化権を獲得。若くして世界的な活躍をしていたピアニストであるジョアンを襲った不幸、その苦難を幾度も乗り越えていく彼の物語は、ブラジルで公開されるやいなや、週をまたいでボックスオフィスの順位をあげるスマッシュヒットとなった。映画で使用される音源は、全てジョアン自身の演奏によるもので困難を乗り越え⻤気迫る演奏シーンは迫力に満ちた仕上がりとなっている。

この度解禁された本編の演奏シーンは、実際のジョアン本人の音源を使用した映像で、血の滲んだ鍵盤を一心不乱に叩き続ける場面と、後年に右手のハンディキャップを乗り越え、左手を軸にした演奏を披露しているシーンの二つ。

本編の数ある演奏シーンの中でもとても印象深いものになっている演奏されている曲はバッハのシャコンヌ(プゾーニ編)とオーケストラとともに演奏しているチャイコフスキーのピアノコンチェルト。
2020年9月11日公開

【関連記事・動画】
■[動画]天才バッハ奏者、その手を動かすのは天使か悪魔か/映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』予告編

■[動画]鈴鹿央士、ピアニスト藤田真央のピアノ演奏に酔いしれる/映画『蜜蜂と遠雷』「藤田真央 plays 風間塵」発売記念イベント

■[動画]『シャイン』のモデルとなった天才ピアニストとその妻、運命の絆/映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』予告編

#マイバッハ#不屈のピアニスト#ジョアンカルロスマルティンス

【最新アップロード動画】
https://bit.ly/2tEwecV

【最近の人気動画ベスト5】
https://bit.ly/37dRvZF

【人気俳優インタビュー動画】
https://bit.ly/2sIIs3P

【ムビコレ】
http://www.moviecollection.jp

【twitter】

【Facebook】
https://www.facebook.com/moviecollection/

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

邦画 おすすめカテゴリの最新記事