【朗読】魚河岸 作・芥川龍之介

【朗読】魚河岸 作・芥川龍之介

【朗読】魚河岸 作・芥川龍之介

【冒頭紹介】
 去年の春の夜、――と云ってもまだ風の寒い、月の冴えた夜の九時ごろ、保吉は三人の友だちと、魚河岸の往来を歩いていた。三人の友だちとは、俳人の露柴、洋画家の 風中、蒔画師の如丹、三人とも 本 名は明さないが、その道では知られた腕っ扱きである。殊に露柴は年かさでもあり、新傾向の俳人としては、夙に名を馳せた男だった。

【音楽】フリーBGM・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/

当チャンネルの朗読作品は、青空文庫に掲載されているものを使わせていただいております。
ボランティアの皆様にこの場を借りて、お礼申し上げます。

青空文庫図書カード:No.177
https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card177.html

#朗読#芥川龍之介

洋画紹介カテゴリの最新記事