【映画紹介】洋画至上一番胸糞が悪い映画【ダンサーインザダーク】

【映画紹介】洋画至上一番胸糞が悪い映画【ダンサーインザダーク】

【ダンサーインザダーク】
60年代のアメリカ。
セルマは女手ひとつで息子のジーンを育てながら工場で働いている。
彼女に対して理解と愛情を持つ人々に囲まれ満ち足りた生活を送っていた。
ただ一つを除いて。
彼女は遺伝性の病のため視力が失われつつあり、
ジーンも手術を受けない限り同じ運命を辿ってしまうのだった。
そのために、内職もしてジーンの手術費用を貯えていた。
が、ある日工場を解雇されてしまい、貯めていたお金まで盗まれていた…。
歌手ビョーク主演のドラマ。
カンヌでパルムドールと女優賞を受賞。

【キャスト】
セルマ  ビョーク
ビル   デヴィッド・モース
ジェフ  ピーター・ストーメア
キャシー カトリーヌ・ドヌーヴ 等

BGM 「Bensoundのロイヤリティフリー音楽」

洋画紹介カテゴリの最新記事