洋画の大作44点を展示  北茨城で双風展

洋画の大作44点を展示  北茨城で双風展

美術集団「ノン・ブラック」(大石展子代表、会員約50人)の洋画大作を中心とした選抜展「第8回双風展」が13日、北茨城市大津町の県天心記念五浦美術館で始まった。洋画の中心メンバー12人がそれぞれのメッセージを込めた個性あふれる作品を紹介している。18日まで。
 同集団は絵画、工芸、写真などの部門で自由な表現の場の提供と才能あふれる新人作家の発掘を目指し、1969年に創設。創設者の故斉藤義孝氏の提唱で、2002年に大作による第1回双風展を開き、その後は隔年で開催している。
 今回は12人の作家と斉藤氏の遺作合せて44点を展示。園部茂さんの作品「平成保茶利婦女子風俗図」は縦1・6㍍、横10・4㍍で100号サイズのキャンバス10枚分。「現代はぽっちゃりした女の子が人気なので、元気に頑張っているところを祝福し応援しようと考えた」と話し、女性が歌っていたり、体操をしている姿が描かれている。
 大石代表は「メッセージ性の高い作品ばかりなので絵の中から少しでも感じ取ってもらえれば」と話す。開館時間は午前9時~午後5時(最終日は午後3時)。入場無料。

洋画紹介カテゴリの最新記事