洋画【羊たちの沈黙 (The Silence of the Lambs) [1991・アメリカ] 】 を使って英会話を学ぼう!ビジネスでも使えるかっこ良い英語を学ぼう!

洋画【羊たちの沈黙 (The Silence of the Lambs) [1991・アメリカ] 】 を使って英会話を学ぼう!ビジネスでも使えるかっこ良い英語を学ぼう!

いつも映画や音楽を題材に英会話を学ぶ学習チャンネル「ENGLISH WARS」をご覧頂き、誠にありがとうございます!

チャンネル登録はこちらをクリック➤http://www.youtube.com/channel/UCgvrKe2yLwj8eJ3U3VTD2kQ?sub_confirmation=1

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
🌟本日の映画🌟
洋画【羊たちの沈黙 (The Silence of the Lambs) [1991・アメリカ] 】

◎キャスト
役名 俳優 日本語吹替
VHS版 テレビ朝日版 DVD・BD版[3]
クラリス・スターリング ジョディ・フォスター 勝生真沙子 戸田恵子[4] 佐々木優子
ハンニバル・レクター アンソニー・ホプキンス 金内吉男 石田太郎 堀勝之祐
ジャック・クロフォード主任捜査官 スコット・グレン 有川博 家弓家正 有本欽隆
バッファロー・ビル テッド・レヴィン 牛山茂 曽我部和恭 家中宏
フレデリック・チルトン医師 アンソニー・ヒールド 小島敏彦 堀勝之祐 石井隆夫
アーディリア・マップ ケイシー・レモンズ 松本梨香 高山みなみ 湯屋敦子
キャサリン・マーティン ブルック・スミス 喜田あゆ美 中沢みどり 水田わさび
ルース・マーティン議員 ダイアン・ベイカー 此島愛子 谷育子 藤木聖子
バーニー フランキー・R・フェイソン 中村秀利
ヘイデン・バークFBI長官 ロジャー・コーマン 登場シーンカット
メンフィスのFBI捜査官 ジョージ・A・ロメロ
(ノンクレジット)
プレシャス Darla
(タレント犬 ビション・フリーゼ)

◎ストーリー
カンザスシティ (ミズーリ州)ほかアメリカ各地で、若い女性が殺害され皮膚を剥がれるという連続猟奇殺人事件が発生[2]。逃走中の犯人は、『バッファロー・ビル』と呼ばれていた。

FBIアカデミーの実習生クラリス・スターリングは、バージニアでの訓練中、行動科学課 (BSU)のクロフォード主任捜査官からある任務を課される。クロフォードは、バッファロー・ビル事件解明のために、監禁中の凶悪殺人犯の心理分析を行っていたが、元精神科医の囚人ハンニバル・レクターは、FBIへの協力を拒絶していた。クラリスは、クロフォードに代わって事件に関する助言を求めるため、レクターの収監されているボルティモア州立精神病院に向かう。

レクターは、当初は協力を拒んでいたものの、やがてクラリスに彼女自身の過去を語らせることと引き換えに助言することを約束する。そして、クラリスは、父親の死を受けて伯父に預けられた過去を話し、そこで明け方に伯父が羊たちを屠殺するのを目撃したことがトラウマとなっていることを明かす。

一方、新たに上院議員の娘がバッファロー・ビルに誘拐される事件が発生したため、精神病院院長チルトンは、自身の出世のためにレクターを上院議員に売り込む。議員である母親は、捜査協力の見返りとして、レクターを警備の緩い刑務所へ移送させることを約束する。しかし、レクターは、移送の隙をついて病院の職員や警察官を殺害して脱獄を果たす。

クラリスはレクターの協力によって、バッファロー・ビルの自宅へ踏み込む。暗闇の中、間一髪で犯人を射殺し、人質を無事に助け出す。

事件は解決し、その後、正式にFBI捜査官となったクラリスの元に、逃亡中の身であるレクターから電話が入る。レクターは、事件解決と捜査官への就任を祝福し、「I’m having an old friend for dinner.」という言葉でチルトン殺害をほのめかし、彼の背中を追って人混みの中に姿を消す。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ラテン語が語源で、ビジネスでもよく使われる、カッコ良い英語のフレーズ『 “Quid pro quo”』とは?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

🌟Twitter/Instagramも是非フォローしてください!
http://twitter.com/WarsEnglish
http://instagram.com/English_Wars_

洋画 おすすめカテゴリの最新記事