岩田剛典「生きて行くのがつらい」ラストシーンの心境を吐露 監督と撮影秘話明かす 「名も無き世界のエンドロール」映画&ドラマWヒット記念舞台あいさつ

岩田剛典「生きて行くのがつらい」ラストシーンの心境を吐露 監督と撮影秘話明かす 「名も無き世界のエンドロール」映画&ドラマWヒット記念舞台あいさつ

0

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんが2月4日、東京都内で行われた「名も無き世界のエンドロール」の映画&ドラマWヒット記念舞台あいさつに女優の松井愛莉さん、佐藤祐市監督とともに登場した。

 映画「名も無き世界のエンドロール」は行成薫さんの同名小説(集英社)が原作。支え合いながら共に成長した幼なじみのキダ(岩田さん)とマコト(新田真剣佑さん)、転校生・ヨッチ(山田杏奈さん)だったが、大人になり、ある事件を機にキダは裏の社会で暗躍。マコトは表の社会でのし上がっていく。2人は、自らの運命を変えた不条理な世の中に復讐(ふくしゅう)するため、10年の歳月を費やして“ある計画”を企てていた……というストーリー。

 ドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later ~」は、映画から半年後を描いたオリジナルドラマ。映像配信サービス「dTV」で配信されている。

邦画紹介カテゴリの最新記事